学法石川に「東北切符」 3位決定戦、初先発・桜井4回決勝点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【湯本―学法石川】4回裏学法石川2死一、二塁、桜井が決勝点につながる適時左前打を放つ
3位決定戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
湯本
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
学法石川
0
0
0
1
0
0
0
0
X
1

 3位決定戦では学法石川が1―0で湯本との接戦を制し東北大会出場を決めた。

 決勝まで代打出場のみだった学法石川の桜井竣(2年)は、初めて先発出場。4回に決勝点となる適時左前打を放った。試合後、「チームにとって大きな1点を取れて良かった」と頬を緩めた。

 大会中、グラウンドで活躍する仲間たちを見て、「レギュラーを支えられれば」との思いでベンチをもり立ててきたが、「本当は自分も出たかった」。光南と対戦した準決勝。代打出場で、スイングの鋭さが評価されての抜てきだった。

 3位決定戦の1打席目は三直に倒れた。4回に巡ってきた2打席目。足を踏み込み、内角をえぐるスライダーを鋭く振り抜いた。詰まり気味だが勢いのある打球は左前に落ち、貴重な得点をもたらした。

 桜井は「全力で悔いなくプレーできた」とフル出場した1戦を振り返る。東北大会に向けては「一戦必勝」の一言に気持ちを込めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る