「秋季東北高校野球」組み合わせ決定 センバツ懸け13日開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来春の「センバツ」出場を懸けた第70回秋季東北地区高校野球大会(13~18日)の組み合わせ抽選会は3日、福島市で開かれた。本県第1代表の聖光学院、第3代表の学法石川は初日の13日、第2代表の光南は第2日の14日、いずれも郡山市のヨーク開成山スタジアムで初戦に臨む。

 聖光学院と光南は2回戦から登場。聖光学院は13日第2試合(午後2時30分開始予定)で宮城第3代表の仙台南と激突。光南は14日第3試合(午後2時30分開始予定)で山形第1代表の酒田南と、第3代表の学法石川は13日第1試合(正午開始予定)で山形第3代表の日大山形と対戦する。

 決勝は18日午前10時から福島市のあづま球場で行われる予定。開会式は13日午前9時から同球場で行われ、聖光学院主将の矢吹栄希(はるき)(2年)が選手宣誓をする。

 抽選会後、矢吹は「自分たちの野球をやるだけ。センバツ出場、日本一を目標に、攻め続けて力を出し切りたい」と抱負を語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る