学法福島逆転、須賀川に2-1競り勝つ 森本が9回勝ち越し打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【学法福島―須賀川】9回裏学法福島1死二塁、適時打を放ち、塁上でガッツポーズをする森本=白河グリーンスタジアム

 「学法福島が最終盤の好機で逆転し、2―1で須賀川との接戦を制した。

 頑張っていた相曽(友輝)のためにも、ここで打ちたかった」。学法福島の森本律貴(2年)は最終回に放った勝ち越しの一打に胸を張った。

 同点で迎えた9回1死二塁。相手エースが2球目に投じた外角の直球を鋭く中前に弾き返した。二走の竹鼻優斗(同)が本塁を踏むと、森本は塁上で雄たけびを上げた。「指2本分短くバットを持って、強い打球を打つことを意識した」。それまでの打席でバットを長く持っていた森本だったが、結果につながらず、最終打席で切り替えた。

 新チームの主砲を任される森本。1点を追う最終回の独特な雰囲気に「緊張した」と打ち明ける。それでも勝負強さを発揮できたのは、夏の福島大会の3回戦で、自分が打てずに負けた悔しさを味わったからだ。「次も好機で回ってきたら1本打ちたい」。森本の打撃がチームを勝利に導く。

 【9月16日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第3日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」開幕 令和初の甲子園懸け熱闘始まる