第27回みんゆう県民大賞決まる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3部門で顕彰 5月22日表彰式
芸術文化賞
郡山五中合唱部(郡山)
スポーツ賞
元巨人選手 鈴木 尚広さん(相馬出身)
ふるさと創生賞
タレント なすびさん(福島出身)

エベレスト登頂を果たし県民を勇気づけたなすびさん

巨人一筋で約20年間のプロ野球生活を送り、通算228盗塁を積み上げた鈴木さん

全日本合唱コンクール全国大会で混声、同声両部門での4年連続の最高賞受賞を果たし、「合唱王国ふくしま」をリードする郡山五中合唱部
 県内で特に大きな功績を残した個人・団体を顕彰する「第27回みんゆう県民大賞」(福島民友新聞社主催)の受賞者が決まった。芸術文化賞は全日本合唱コンクール全国大会の混声、同声両部門で最高賞の文部科学大臣賞に4年連続で輝いた郡山五中合唱部(郡山市)が受賞。スポーツ賞は走塁のスペシャリストとしてプロ野球巨人一筋で活躍し、昨年引退した鈴木尚広さん(39)=相馬市出身、ふるさと創生賞は昨年5月に4度目の挑戦でエベレスト登頂に成功したタレントのなすびさん(41)=福島市出身=が選ばれた。
 表彰式は22日に福島市の福島民友新聞社で行われる。受賞者には正賞の盾と副賞50万円が贈られる。
 芸術文化賞の郡山五中合唱部は、2013(平成25)の全日本合唱コンクール全国大会中学校部門で、大会史上初となる混声、同声両部門での最高賞受賞を果たすと、昨年の大会まで4年連続の「ダブル受賞」を続けている。生徒と指導者のたゆまぬ努力から生まれた美しいハーモニーで「合唱王国ふくしま」の名を全国にとどろかせた。
 スポーツ賞の鈴木さんは1997(平成9)年にドラフト4位で相馬高から巨人に入団。2002年に1軍初出場を果たすと、約20年間巨人でプレーした。1軍で1130試合に出場し、通算成績は355安打、打率は2割6分5厘で228盗塁を記録。通算200盗塁以上の選手のうちで盗塁成功率8割2分9厘1毛は歴代1位を誇る。
 ふるさと創生賞のなすびさんは被災した県民を元気にしたいと、世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登頂を決意。トラブルに見舞われ3度失敗したにもかかわらず挑戦を続け、16年5月に登頂を成功させた。不屈の精神は多くの県民を勇気づけた。登頂後は「あったかふくしま観光交流大使」として本県の魅力発信に取り組んでいる。(5月6日付福島民友新聞掲載)