龍馬を守った新撰組ー禁断の幕末維新史 / 加治将一著

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「龍馬を守った新撰組ー禁断の幕末維新史」

 教科書に載せられない歴史がある!様々な日本史のタブーに切り込み、前作『禁断の幕末維新史【封印された写真編】』で明治維新の謎を解き明かした加治将一が、新撰組の謎に迫る!

「坂本龍馬と近藤勇は同志だった」・・・龍馬ファンや新撰組ファンならずとも、日本史を学校の教科書で学んだ人であれば耳を疑うショッキングな内容だ。

 だが、史料や状況証拠、行動心理を駆使した繊細かつ大胆な思考による推理で、謎は鮮やかに解き明かされていく。これまでの常識が覆される強烈な体験ができる、歴史ミステリーファン必読の一冊!

定価 本体1,600円+税

水王舎ホームページへ