従業員の健康維持に「RIZAP」 福島商議所・経営セミナー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
平石さん(左)と共に体操を行う参加者たち

 福島商工会議所は23日、福島市で健康経営セミナーを開き、フィットネスクラブ運営会社「RIZAP(ライザップ)」のトレーナーが運動をテーマに講義を行った。

 来年2月まで全6回開くセミナーの第1回。本県の急性心筋梗塞の死亡率が全国ワースト1位になるなど県民の生活習慣病が懸念されている中、従業員の健康維持に役立ててもらうことなどを目的に開いた。会員事業所から約100人が参加した。

 ライザップパーソナルトレーナーの平石貴之さんが「明日から実践できる新感覚参加型セミナー」と題し、体操などを交えながら講演した。参加者を対象に「夕食を午後9時以降にとるか」などの「太りやすい度チェック」を行った後、「今日のセミナーをきっかけに、まず健康に関心をもってもらいたい」と呼び掛けた。