いわきFCが連覇、東北予選会出場へ クラブサッカー福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわきFC―VIOLET'S信夫DREAM】前半20分、右足でチーム3点目のゴールを決めるいわきFCのMF金(15)=14日、相馬市・相馬光陽サッカー場

 サッカーの第24回全国クラブチーム選手権県大会最終日は14日、相馬市の相馬光陽サッカー場で決勝が行われ、県社会人リーグ1部のいわきFC(いわき市)がVIOLET'S信夫DREAM(福島市)に5―0で勝利し、大会2連覇を果たした。第22回県選手権大会・第97回天皇杯全日本選手権県代表決定戦優勝に続き、今季二つ目のタイトル。

 県サッカー協会などの主催。いわきFCは第1代表、VIOLET'S信夫DREAMは第2代表として、秋田県で9月23日に開幕する東北予選会に出場する。

 昨年の全国クラブチーム選手権全国大会王者のいわきFCは前半8分、FW井原楓人が先制。FW吉田知樹(いわき市出身)、MF金大生の連続得点で前半を3―0で折り返した。後半に入っても攻撃の手を緩めず、FW飯干雄斗が2得点を決めVIOLET'S信夫DREAMを突き放した。VIOLET'S信夫DREAMは、決定機をつくるも、ゴールを奪うことができなかった。