「いわきFC・U18」が本格始動 キックオフミーティング

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
練習に取り組むいわきFCアカデミーU-18の1期生

 サッカーいわきFCの下部組織、いわきFCアカデミーU―18(18歳以下)が30日、いわき市のいわきFCパークで「キックオフミーティング」を行い、本格始動した。

 選考会で選ばれた1期生の中学3年生12人が参加し、チームの坂本哲也監督が「自覚を持ち、サッカーはもちろん、勉強にもしっかりと取り組み、人として成長してほしい」と激励した。続いて選手が全体練習に臨んだ。

 いわき出身の須藤栄二(15)=内郷二中卒=は「1期生ということもあり、周囲の注目を浴びるはず。トップチームでプレーすることを目標に日々努力したい」と抱負を語った。

 チームは31日、同市のいわきFCフィールドで、チームを運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長の母校、暁星高(東京都)と練習試合を行う。時間は午前10時30分からで、無料で観覧できる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ