いわきFC、6月16日に「海ごみゼロマッチ」 ごみ拾いや宣言書

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーのいわきFCは6月16日に福島県いわき市のいわきFCフィールドで行われる東北社会人リーグ1部第5節の猿田興業(秋田)戦を「海ごみゼロスペシャルマッチ」と銘打つ。選手とサポーターのごみ拾いや宣言書への記入などを通し、県民の海ごみ問題への意識向上につなげる。

 海へのごみ流入を防ぐため、環境省などが5月30日(ごみゼロの日)~6月8日(世界海洋デー)を「海ごみゼロウィーク」と定めた。期間中は全国で活動が展開され、サッカーではJ1湘南のホーム戦などでもごみ拾い活動が行われる。いわきFCも本県の海の環境美化に携わろうと、活動趣旨に賛同した。

 海ごみ抑制の宣言書に署名した来場者に活動を記念する限定缶バッジを先着で配布するほか、試合後は選手と来場者でごみ拾いを行い、海ごみゼロを訴える横断幕を掲げて記念撮影する。ハーフタイムにはアクアマリンふくしまによる環境教室を開くほか、会場に複数のごみ箱を設置してごみの分別徹底などを訴える。

 6月2日には、選手が同市の薄磯海岸で開かれるごみ拾い活動に参加する。