大熊・地権者「郷土の文化遺産残して」 郷土と先人へ敬意

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大熊・地権者「郷土の文化遺産残して」 郷土と先人へ敬意

 須賀川市に避難している大熊町の鎌田清衛さん(71)の自宅は同町小入野にある。国が示す施設整備に向けた国有化候補地のエリア内だ。「どこかには造らなければならないが、造ってほしくはない。やむを得ないという気持ちもあるが、簡単には受け入れたくはない」と複雑な心境をのぞかせる。

 鎌田さんは町の文化財保護審議委員などを務めている。今年1月、古里の日隠山や小入野区にある海渡神社について記した著書「日隠山に陽は沈む」を出版した。日隠山と同神社のロマンや、歴史的な遺産として神社の保存、保護を強く説いている。「もし中間貯蔵施設が建設されるようなことがあっても、海渡神社は小入野区民の聖地として残さなければならない」

 しかし、そう願う住民の気持ちは国には届いていない。鎌田さんは「施設の話は地域住民に何も伝わっていない。頭の上を電波が行き来しているような感じだ」とやゆする。「海渡神社を残さないならば建設を許さない。(残さなければ)先祖に申し訳ない」。郷土と先人への敬意が鎌田さんをそう誓わせた。

 「地域分断生まれぬ」 候補除外、楢葉の男性

 楢葉町波倉地区では昨夏、環境省が中間貯蔵施設の候補地としてボーリング調査などを行った。しかし、町は今年1月、同町への施設設置の再検討を佐藤雄平知事に求め、佐藤知事も2月に建設候補地から同町を外すことを国に要請した。

 同地区の農業男性(58)は将来が見通せない状況に「町民に対する説明会の日程も示されていない。国が方針を示さなければ何も前に進まない」と厳しい口調で語る。

 中間貯蔵施設をめぐっては、常に「国主導」で議論が進み、町民に対する説明は後手に回っていると感じている。「国と県などとの話し合いが見えてこないと、町としても対応に苦慮してしまうのでは」と察する。

 楢葉町を候補地から外すことで、佐藤知事は双葉、大熊両町への施設集約を求めている。男性は「震災後、双葉郡が共通の問題として取り組んでいる事案。互いに避難生活の苦しさを知っていて、楢葉町の立場も両町の町民は理解してくれると思う」と、施設をめぐり郡内の地域分断は生まれないと考えている。