聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
報徳学園に惜敗し、悔し涙を拭いながらベンチに引き上げる聖光学院ナイン
2回戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
報徳学園
1
0
1
0
0
0
0
1
0
3
聖光学院
1
0
0
0
0
1
0
0
0
2

 第100回全国高校野球選手権記念大会第7日は11日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた。12年連続15度目の出場となった本県代表の聖光学院は初戦の2回戦第3試合で、報徳学園(東兵庫)と対戦、終盤まで接戦を演じたが2―3で敗れ、3大会連続の初戦突破はならなかった。

 聖光学院は1回、報徳学園の先頭打者小園海斗(3年)の二塁打などから先制を許した。1点を追う聖光学院はその裏、2死二塁の好機に須田優真(同)の右前適時打で同点に追い付く。3回に再び小園の長打などから1点を失ったが、6回には須田と五味卓馬(同)、星歩志(あゆむ)(同)の3連打で同点に追い付いた。2―2で迎えた8回には、小園のこの日3本目となる二塁打などから再び1点を奪われて勝ち越しを許し力尽きた。

 聖光学院は先発の衛藤慎也(同)が力強い直球を武器に報徳打線を3点に抑える好投を見せ、打線も報徳に2度追い付く粘り強さを見せたが、送りバントの失敗などミスが響き、好機を生かせなかった。

 点決めきれなかった

 聖光学院・斎藤智也監督 もっと上に行かせてやりたいと思っていた。3、4失点は覚悟していたが、点を決めきれなかった。

 悔しい思いしかない

 聖光学院・矢吹栄希(はるき)主将 今日で終わるつもりはなかった。悔しい思いしかない。力を出し切ることができなかった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず