主砲・須田、早すぎる夏...「やり切った」 初回から4番の役割

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【報徳学園―聖光学院】1回裏聖光学院2死二塁、同点の適時打を放つ須田

 「やり切った」。初回の同点打を放った聖光学院の4番打者須田優真(3年)は、早すぎる夏の終わりに悔しさをにじませつつ言葉を振り絞った。

 1点を先制された直後の1回裏、2死二塁で内角高めの直球を右前に運んだ。「詰まった当たりだったが、絶対に点が欲しかった。しっかりと振り切った」と初回から主砲の役割を果たす。6回にも安打で出塁。その後の走塁では三塁に豪快なヘッドスライディングも見せ、チームを鼓舞した。

 2度にわたり報徳学園に追い付いたが、勝ち越すことはできなかった。須田は「相手は好機を逃さず得点につなげた。攻撃の細かいミスで差がついてしまった」と、淡々とした口調で敗因を語った。

 1番・田野がチーム『鼓舞』

 プロ注目の報徳学園の先頭打者小園海斗(3年)に負けじと、聖光学院の田野孔誠(同)が切り込み隊長らしさを見せた。

 先制を許した初回。右前打で出塁すると、主砲の一振りで同点のホームを踏んだ。「追いかける展開も動揺は無かった」。7回には初球をセーフティーバント。ヘッドスライディングで一塁に滑り込む気迫のプレーでチームを引っ張った。

 1点を追う最終回こそ遊ゴロに倒れたが、聖光野球のリードオフマンとして全国の舞台でも存在感を見せた。泥だらけのユニホームが気持ちでは負けなかった証明だ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手