北大阪・大阪桐蔭が2度目の『春夏連覇』 第100回夏の甲子園

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 史上初の快挙達成―。第100回全国高校野球選手権大会は21日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝が行われ、大阪桐蔭(北大阪)が金足農(秋田)を13―2で下して、4年ぶり5度目の優勝を果たした。投手の藤浪晋太郎(阪神)を擁した2012年以来、史上初となる2度目の春夏連覇。金足農は東北勢として春夏を通じて初の甲子園大会制覇に挑んだが、悲願の優勝旗には手が届かなかった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず