女優・松岡茉優さん、福島県産酒に『笑顔』 冬の東北観光PR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鈴木副知事からつがれた「奥の松」を味わう松岡さん(左)=東京・JR東京駅

 JR東日本による冬の観光キャンペーン「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび2018」が12月1日に始まる。JR東と本県など東北6県、東北観光推進機構、旅行会社、観光関係者が誘客に取り組む。「雪祭り&絶景」「温泉」「食」「酒」で冬の東北の魅力を前面に押し出すとともに、今季は裏磐梯でのワカサギ釣りなど、新たに体験型企画を充実させる。

 スタートに向けたイベントが7日、東京・JR東京駅で行われ、JR東の深沢祐二社長が「多くの人が東北へ足を運び、交流人口が拡大するよう一緒に汗を流す」と決意を述べた。同機構の小縣方樹会長も東北への観光を呼び掛けた。女優松岡茉優さんを迎え、東北6県の知事、副知事がトークショーを展開した。

 今季のテレビCMは裏磐梯でのワカサギ釣りが舞台となり、松岡さんは「福島はおいしい食べ物、お酒がたくさん。息を吸い込むと情景が浮かぶような温かい雪景色が印象的」と2月の撮影を振り返った。

 鈴木正晃副知事は奥の松酒造(二本松市)の「奥の松 あだたら吟醸」が世界最大級のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2018」で日本酒部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」に輝いた実績をアピール。松岡さんは受賞酒を試飲すると「私のような若造でも飲みやすく、ガツンとくる深みが大人にも楽しんでもらえる」と笑顔を見せた。