福島の酒蔵巡る「女子旅バスツアー」 首都圏の女性が魅力体感

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
仁井田本家(郡山市)の日本酒を堪能する参加者

 首都圏の女性を対象に県が初めて企画した「ふくしま酒蔵めぐり 女子旅バスツアー」が8日、郡山市などで始まり、参加者が女性ならではの視点で本県の魅力を体感した。9日まで。

 本県の酒蔵などを巡る「ふくしま酒蔵めぐりスタンプラリー」の特別企画として、発信力の高い首都圏の女性をターゲットに実施。東京など関東地方から20~50代の女性29人が参加した。参加者は石川町の大野農園で季節の果物や桃のビールを味わったほか、二本松市の奥の松酒造、郡山市の仁井田本家で日本酒やスイーツを味わった。

 最終日は、喜多方市の大和川酒造や会津若松市の末廣酒造、鶴乃江酒造などを巡る。