キシリトール

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 むし歯菌

弱らせる働き

 予防という考え方が一般的になるにつれ、キシリトールという言葉をよく目にするようになりました。

 キシリトールは、シラカバやカシの木などから取れる甘味料ですが、イチゴやホウレン草などの果物、野菜にも含まれています。なぜ甘い味のキシリトールが歯によいのでしょうか?

 むし歯菌がキシリトールを砂糖と勘違いして食べて、おなかを壊し弱ってしまうからです。キシリトールは、砂糖に比べると分解されにくいのです。従って、人間も大量に食べるとおなかがゆるくなることがあります。

 成分含んだガムお薦め

 では、キシリトールをどのように摂取すればよいのでしょう。お薦めは、キシリトール入りガムです。毎食後、味がなくなってもできるだけ長い時間かんでから歯を磨きましょう。

 よくかみ、唾液(だえき)がたくさん出ることでもむし歯予防効果がより高まります。

 最近は、キシリトール入りのあめも増えてきていますが、なかには、砂糖も含まれ、むし歯になりやすい商品もありますから、原材料名を見て選びましょう。「ノンシュガー」と表示されていれば比較的安心です。

 キシリトールには、むし歯予防効果がありますが、あくまで補助的なものです。食後、早めの歯みがきが大切なのは言うまでもありません。寝ているときが一番むし歯になりやすいので、就寝前は、より丁寧に時間をかけて磨きましょう。

 フッ素に加えて、キシリトール入りの歯みがき粉もお薦めです。

(県歯科医師会)