入れ歯のお手入れ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 口の中の清掃とは別々に

 敬老の日ギフトのお薦めに、取り外しする入れ歯を水中保管するためのポットが紹介されていました。かわいいデザインのものなど種類も豊富で、日頃の入れ歯のお手入れも楽しくなりそうですね。毎日使う入れ歯は大事に清潔に上手にお付き合いしたいもの。このためにはいくつかポイントがあります。

 まず、必ず入れ歯を外してから、口の中の清掃と入れ歯の清掃を別々に行うことが大切です。

 口の中は、入れ歯の金具がかかる歯を念入りに、残っている歯を丁寧に歯磨きしましょう。歯が全部ない場合もよくうがいをして、口の中を清潔に保ちましょう。

 入れ歯にも、食渣(しょくさ)だけでなく、口の中の歯と同様に歯垢(しこう)(プラーク)が付着します。入れ歯の表面はブラシによる機械的清掃をしましょう。金具や形が複雑な部分は細かく、入れ歯の粘膜が当たる内側の面も幅広くブラシをかけましょう。このとき、口の中に使用する歯磨き剤は必要ありません。かえって入れ歯の表面に細かいキズがつきます。

 また、入れ歯の表面をブラシでしっかり清掃したら、入れ歯内部には、入れ歯洗浄剤による化学的清掃も効果的です。使用法など詳しくは歯科医師にご相談ください。

 夜間・就寝時は、特別な理由で歯科医師からの指導がない限り、基本的に入れ歯は外します。外した入れ歯は、乾燥のために起こる変形や亀裂を防ぐために、入れ歯全体を水中に浸して保管しましょう。

(県歯科医師会)