いわきFC、次戦にもV 引き分け以上で、東北社会人2部南

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわき―仙台中田】後半29分、チーム6点目のゴールを決めるいわきFCのFW菊池=いわきFCフィールド

 サッカーの東北社会人リーグ2部南は7日、いわき市のいわきFCフィールドなどで第15節の4試合が行われ、いわきFCは8―1で仙台中田サッカークラブ(仙台)に快勝した。

 リーグ16戦全勝のいわきは、勝ち点48でリーグ1位。試合がなかった2位のFC.SENDAI(宮城)との勝ち点差を12に広げた。いわきは次戦、引き分け以上で優勝が決まる。

 いわきの次戦は14日、山形県鶴岡市の櫛引総合運動公園で、大山サッカークラブ(山形)と対戦する。午後1時30分試合開始予定。

 2発の菊池「形増やしたい」

 「チャンスはたくさんあった。もっと点が取れたはず」。ホームで8点を奪う快勝にもかかわらず、2得点を挙げたいわきのFW菊池将太に笑顔はなかった。

 天皇杯本戦で初戦敗退を喫して以降、チームは全国社会人選手権(全社)優勝に目標を切り替え練習に励んできた。だが大会を約2週間前に控えたこの日の試合。2点を奪った菊池だったが、クロスへの対応などでゴールを決めきれない場面も少なくなかった。「5点は取れたはず。FWとして決める確率を上げないと」と危機感を抱く。

 ただ今後への収穫もあった。後半29分、ゴール前で相手DF2人の間に入り、MF早坂翔のスルーパスに反応。DFを置き去りにし、GKと1対1の状況をつくると落ち着いてゴールに流し込んだ。自分の動きから生まれた理想的な攻撃に「こういう形をもっと増やしたい」と手応えを口にした。

 決定力には満足していないが、動き出しの感覚はつかんだ。「攻めの形はつくれている。後は最後の精度を上げるだけ」と菊池。全社の舞台でチームを勝利に導く得点を挙げるため、チーム屈指のストライカーは残された時間でさらなる成長を目指す。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進