「一気にJFLへ行きたい」 いわきFC、大倉社長ら来社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
JFL昇格をかけた来季に向け意気込む大倉社長(右から2人目)、田村監督(同3人目)ら

 いわきFCを運営する、いわきスポーツクラブの大倉智社長は28日、年末あいさつのため福島民友新聞社を訪れ、今季の総括と来季への抱負を語った。

 大倉社長は「今年は天皇杯でJ1クラブを破るようなインパクトを残せなかったが東北1部昇格を決めた。一気に日本フットボールリーグ(JFL)へ行きたい」、田村雄三監督は「来季に向け、若手の有望選手を獲得できている。練習では筋力アップだけでなく体の使い方を向上させる脳トレなども取り入れていく」と語った。

 今季は東北社会人リーグ2部で優勝し1部昇格を決めたほか、全国社会人選手権大会で過去最高の3位に入った。経営面ではパートナー契約を結んだ企業が50社増え、ファンクラブの会員登録数は約3000人を超えた。

 岩清水銀士朗マーケティング本部長と木村秀禎セールス本部長が同行した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補