「テディベア」いわきFCバージョン 250体限定!初のコラボ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
250体限定で販売されるいわきFCをイメージしたユニホーム姿のテディベア「フィン」

 サッカーのいわきFCを運営するいわきスポーツクラブは18日、ドイツの老舗縫いぐるみメーカー・シュタイフ社と共同で製造したテディベア「フィン」の縫いぐるみ"いわきFCバージョン"を発売する。250体限定。同社とのコラボレーション商品を展開するのは国内のサッカークラブで初。

 シュタイフ社は、世界で最初にテディベアを誕生させた会社で、縫いぐるみはいわきFCのユニホームをイメージしたチームカラーの衣装を着たデザインになっている。両社は東日本大震災の復興支援を続けており、収益の一部は、復興支援金としていわき市に寄付する予定。

 縫いぐるみの大きさは28センチで1体8000円(税込み)。イオンモールいわき小名浜に入居するいわきFCクラブハウスで扱う。18日は午前10時から。また、19日以降のいわきFCの試合会場でも販売する。