参院選へ「看板」設置 福島県選管など、適切な選挙事務を

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県庁内に看板を掲げた(左から)菊地委員長、渡辺事務局長

 夏の参院選に向け、県選管と、選挙をきれいにする県民運動推進本部は18日、県庁内に看板を掲示、「18歳選挙権」の周知など適切な選挙事務を誓った。

 県選管の菊地俊彦委員長、渡辺仁事務局長が県選管事務室前に看板を掲げた。菊地委員長は「参院選の日程は決まっていないが、準備をしっかりと進めてほしい」と担当職員に訓示。さらに「選挙権年齢が引き下げられる。投票率向上のため、市町村選管と連携して取り組んでほしい」と呼び掛けた。