【起き上がり小法師】〔いわき・美容室COCO&WOW〕息子と再開2号店

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわき市久之浜町にオープンした複合商業施設「浜風きらら」に美容室の2号店を出店した遠藤さん

 いわき市久之浜町の複合商業施設「浜風きらら」に新店舗を構え、同施設が開所した4月20日に営業を開始した。東日本大震災に伴った津波や火災で被害を受けた地元・久之浜に息子たちと戻り、営業を通してにぎわい創出につなげる。

 オーナーの遠藤公子さん(61)は34年前、生まれ育った久之浜に美容室「ビューティーサロンココ」を開店した。遠藤さんの腕の良さと笑顔あふれる接客から地元客を多く抱える人気の店となり、地元での仕事にとどまらず、白河市や須賀川市にある式場でのヘアセッティングを手掛けるまで成長した。

 津波で自宅兼店舗を失った遠藤さんはいわき市好間町に避難した。同市平にある知り合いの美容室で働いたこともあったが、「公子ちゃんに切ってほしい」と、同じく避難した地元の人の声などを受け2011(平成23)年10月に同市平で営業を再開。地元とは違った幅広い客層から支持を受けた。

 浜風きららの店は2号店との位置付けで、2号店の開店に合わせて東京都内の美容室で修業を積んだ次男俊介さん(32)が1、2号店の店長になった。

 息子という心強い"相棒"と一緒にはさみを握る遠藤さんは「震災で多くを失ったが、悲観することなく、また一から始められ、逆に頑張れる」と前向きだ。震災から6年たっても復旧工事の音が鳴り響く同市久之浜町だが、新店舗には「公子ちゃんいますか」と訪ねる地元客の声が響く。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区