新聞活用「考える人」に NIE全国大会に本県から7人

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

古代米給食をおいしそうに食べる児童たち=長沼東小

 教育現場で新聞を活用するNIE活動について、教育、新聞関係者らが意見交換する第17回NIE全国大会は30日、福井市で開幕した。31日まで。日本新聞協会の主催。

 大会テーマは「『考える人』になる--いかそう新聞 伸ばそう生きる力」。全国から教諭や新聞関係者ら約1500人が参加。本県からは、県NIE推進協議会員とNIE実践指定校の教諭ら合わせて7人が参加している。

 初日は、反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠さんの記念講演に続き、パネルディスカッションが行われ、新たな時代に入ったNIEの活用方法などについて意見を交わした。

 最終日の31日は、小、中学校、高校の各分科会で公開授業や実践発表、ワークショップなどを行う。

 本県の実践指定校の参加者次の通り。

 吉田淳子(柴宮小)橋本奈津子(同)石山智恵(相馬高)