静岡で「やさしいNIE」テーマに討議 全国大会が閉幕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
静岡で「やさしいNIE」テーマに討議 全国大会が閉幕

「やさしいNIE」をテーマに展開された公開授業

 教育現場で新聞を活用するNIE活動について考える第18回NIE全国大会は26日、静岡市で小、中学、高校の公開授業や実践発表、研究討議などを行い、閉幕した。日本新聞協会の主催。

 本県のNIE実践指定校の教諭らが、新聞を身近に感じ親しむために誰もが取り組める「やさしいNIE」をテーマに展開された公開授業や研究討議に参加した。

 橋本奈津子教諭(柴宮小)は「さまざまな視点で展開された授業や提案を知ることができて勉強になった。また2年間のNIE実践終了後も、学校全体で取り組めるよう工夫しなければならないと感じた」と感想を語った。

 福島民友新聞社からは、県NIE推進協議会代表幹事の菅野厚取締役販売局長らが参加した。来年の全国大会は徳島市で開かれる。