日大東北「打撃、守備...粘り違った」 聖光打線勢い止められず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【日大東北―聖光学院】7回表聖光学院2死三塁、7点目を許し、マウンドに集まる日大東北ナイン

 継投策で決勝に臨んだ日大東北だったが、一度火がついた聖光打線の勢いを止められず、4人の投手をリードした捕手弓田公幾(2年)は「投手に合わせた配球ができれば良かった」と悔やんだ。

 好投を続けてきたエース磯上航希(同)が腰の張りから先発を回避。序盤2点を失ったが、2回途中に2番手でマウンドに上がった左腕の笹沼優人(同)が踏ん張る。球の出どころが見えにくいフォームから内角に投げ込み、6回途中まで1失点と接戦に持ち込んだ。笹沼も「腕をしっかり振って攻められた」と話す。

 しかし、笹沼が代わった終盤に聖光打線につかまり、終わってみれば大差。弓田は「打撃でも守備でも粘りが違った」と力の差を痛感した。その一方で「自分たちの野球はつなぐ野球」と目指す方向は明確になったという。東北大会での飛躍を狙う。

 【9月24日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・最終日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」開幕 令和初の甲子園懸け熱闘始まる