歯科におけるチーム医療

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 各職種が協力し合い診療

 最近の医療の進歩は目覚ましく、その進歩に合わせて医療業種も細分化されています。細分化された職種がチームを組んで医療に当たることを「チーム医療」といいます。歯科でも日常臨床においてチーム医療が行われています。

 歯科診療所には通常、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士らが、その診療所の機能に合わせて所属し、協力し合って診療に当たっています。歯科医師は診療の主たる部分を担当し、適宜、各業種に指示・管理します。

 歯科衛生士は、主に口腔(こうくう)衛生に関する仕事を分担します。口の中の管理は非常に重要で、さまざまな疾患を予防するともいわれ、最近注目されています。そのほかにも、診療行為で歯科医師の目となり手となりサポートします。

 歯科助手は、歯科衛生士業務のうち、診療補助を主に担当する職種です。外回り的な仕事ですが、診療をスムーズに進めるためにはなくてはならない存在です。 

 歯科技工士は、主に口の中へ装着する差し歯などを作製します。この職種の人がいなければ、歯科医療の半分は成り立ちません。

 このように、さまざまな職種の人が協力し合って一つの診療行為が行われています。これらの職種に興味のある方は、お近くの歯科医院に相談してみてください。

(県歯科医師会)