ブリッジの正しい清掃方法

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 歯間ブラシやフロス併用

 歯を抜いてそのままにしておくと、隣の歯が倒れてきたり、本来かみ合うはずだった相手の歯が伸びてくるなど、全体のかみ合わせのバランスが崩れます。このため、歯を抜いた後はブリッジや義歯での治療が必要になります。また最近は、インプラントでの治療も、歯を抜いた後の治療法として一画を占めるようになってきました。ブリッジ、義歯、インプラントには、それぞれメリット、デメリットがあり、その特徴をしっかり理解した上で治療を受けることが重要です。

 このうち、インプラントでの治療は健康保険が適応されません。そのため、欠損した歯が少ない場合は、ブリッジが選択されることが多いようです。ブリッジは、抜いた歯の代わりとなる人工の歯を、両隣の歯にかぶせた冠と一体として作ったものです。両隣の歯を土台にして人工歯を支えるわけです。このブリッジですが、清掃を十分に行わないと、冠と人工の歯を連結した周辺から再度むし歯になることがあります。従って、装着後は念入りなブラッシングの必要があります。

 清掃は歯間ブラシやフロスといわれる糸を歯ブラシと併用して行います。人工の歯の下(歯茎と接触している面)はフロスで清掃しますが、少し難しいので方法はかかりつけの歯科医院でしっかり教えてもらった方がよいでしょう。

 ブリッジを装着しているものの、あまり気にしたことがなかった方は、ぜひかかりつけの歯科医院に相談してみてください。

(県歯科医師会)