喪失時の補てつ物

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 歯科医と相談して選択を

 天高く馬肥ゆると昔からいわれるように、気候が良いので食欲がわく時期になってきました。しかし、歯の状態が悪いとせっかくの美味(おい)しいご馳走(ちそう)も食べられません。今回は不幸にも歯が喪失してしまったときの補てつ物(ブリッジ、部分入れ歯、インプラント)の話をします。

 まずブリッジは、固定式で残っている歯を削り土台にして橋を渡す装置です。取り外す必要がなく装着感も部分入れ歯に比べれば、違和感をあまり感じない補てつ物です。しかし、残っている歯の状態によっては、ブリッジにできない場合があります。その場合は部分入れ歯になります。

 部分入れ歯はあまり歯を削る必要がなく、治療自体は楽ですが、取り外しが必要なためブリッジに比べ違和感が強いです。また、バネのかかった歯は丁寧にブラッシングしなければなりません。

 次にインプラントは、歯槽骨に穴を開けインプラント体を埋入する方法です。インプラントはブリッジ、部分入れ歯より残存歯に対するダメージも少なく、大変装着感も優れていて、自分の歯のように食べられます。ただし、さまざまな条件をクリアしなければならず健康保険がききません。

 どの補てつ物を選択するかは、かかりつけの歯科医師と相談して決めてください。美味しい食べ物を美味しくいただくために早めの受診をお勧めします。

(県歯科医師会)