口臭予防

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 検診受けて息さわやかに

 口臭は生理的な口臭と病的口臭の二つに分けられます。生理的口臭とは、朝起きてすぐや、風邪をひいて寝込んだときなどに誰にでもある硫黄のようなにおいです。朝食を食べたり、歯磨きをすれば気にならなくなる程度の軽いもので、この正体は主に硫化水素です。

 一方、むし歯や歯周病による病的口臭は、「魚が腐ったようなにおい」などと例えられるにおいです。この正体は主に、タンパク質が細菌によって分解されて発生する有毒ガスでメチルカプタンといい、血管に入って体内をめぐり、体に悪さをすることが分かってきています。体内をめぐっているうちに細胞を傷つけてしまうのです。

 日本人はもともと清潔志向が強く、体臭や室内のにおいに敏感な方が多いのですが、口臭は自分では気づかないため意外なほど無頓着です。

 そのうえ日本では、いまだに歯科の定期検診が定着していません。これでは口臭に気づき予防を始めるきっかけがありません。

 そこで、「私にも口臭があるのかな」と思う方は、まずは歯科の検診を受けるようにしてください。息をさわやかにすること、それは全身管理の入り口でもあります。

 歯科医院ですっかりお口がきれいになった状態を一度体験してみてください。きっと歯科医院のクリーニングを受けたくなると思います。

(県歯科医師会)