「復興の継続を」「1強に待った」参院選、福島県内各党も論戦開始

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国会閉会を受け、県内各党も事実上の選挙戦に突入した。衆参同日選の可能性もにらみながら準備を進めてきた与野党は1日、参院選単独での実施決定を受け、7月10日の決戦を見込んで動きを加速させた。

 自民、公明両党は合同で、福島市中心市街地での街頭演説を展開した。安倍政権の中枢を担う現職閣僚の議席死守に向け、県議らは一様に政権与党としての安定感や復興の継続を訴えた。吉田栄光自民党県連幹事長は「復興を前に進めるには、政治の安定が一番大切だ。自公政権が一つ一つ進めている復興を止めてはいけない」と声を張り上げ、道行く人々にこれまでの実績を訴えていた。

 共産党県委員会、社民党県連との共闘で臨む民進党県連は、選挙態勢を急ピッチで進める。同日選をにらんで保留していた総合選対本部の組織態勢を固め、選対本部会議初会合の招集をかけた。民進党県連の亀岡義尚幹事長は「非自民勢力の結集で自民1強に待ったを掛ける」と対決姿勢を強めた。一方、共産党県委員会は福島市で比例代表の選対事務所開きと決起集会を開催し、結束を強めた。