"尾木ママ"が語る新聞活用実践法 NIE全国大会開幕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

自身の新聞活用の実践を語る尾木教授

 教育現場での新聞活用を普及する「NIE(教育に新聞を)」活動について、教育と新聞関係者らが意見交換する第20回NIE全国大会は30日、秋田市で開幕した。「『問い』を育てるNIE〜思考を深め、発信する子どもたち」をテーマに、全国の教員や新聞関係者ら延べ約1000人が参加する。日本新聞協会の主催。31日まで。

 県内からは、NIEの実践経験者として教員らを指導するため、県内では今年初めて同協会から認定されたNIEアドバイザー4人の中から、増子春夫五箇小校長(白河市)、高橋泰史桜の聖母学院中教諭(福島市)が参加。ほかに実践指定校の教員5人と県NIE推進協議会員らが参加した。

 初日は阿部昇秋田県NIE推進協議会長の基調提案に続き、「尾木ママ」として知られる教育評論家尾木直樹法大教授が記念講演した。尾木氏は「『今を生きる力』を育てる新聞〜40年間にわたる新聞活用実践を通して」をテーマに、学生たちが新聞記事をスクラップし、意見を書き込む「書きなれノート」による指導法を紹介。「記事を読み慣れる、心を動かし慣れる、書き慣れる−という三つのステップで、学んだことを表現、発信する力が付いてくる」と学習効果を解説した上で「子どもたちが社会を見つめ、生きる力を身に付けるため新聞活用は有効」と訴えた。