本紙連載「維新再考」ちなみ、幕末の県内歴史解説 明治安田生命で研修会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
戊辰戦争前後の県内の歴史を学んだ出席者

 明治安田生命郡山支社は26日、社員を対象にした研修会を郡山市で開いた。福島民友新聞社の竹内真人編集局次長が「明治維新と福島県」の題で講演し、本紙連載の「維新再考」を紹介しながら来年150年の節目を迎える戊辰戦争前後の会津藩を中心とした県内の歴史を解説した。

 県内の支社、営業所の勤務者の中に県外出身者が多いことから企画された。

 竹内次長は戊辰戦争以前の出来事として、会津藩配下の新選組による長州志士弾圧で長州藩から敵視されるようになったことを挙げ、会津藩主松平容保(かたもり)を信頼した孝明天皇の崩御で「会津藩の立場が悪化した」と説明した。戊辰戦争では新政府軍の会津侵攻に影響を与えた母成峠の戦いや白虎隊士の悲劇について触れ、「天皇に尽くした会津藩が歴史の中で逆賊とされたが、本当はそうではないとの思いが県民にはある」と締めくくった。

 ビジネスへの活用推進

 福島民友新聞社は企業や団体と連携し、社員教育や人材育成に新聞を活用するNIB(Newspaper in Business=ビジネスに新聞を)活動を積極的に推進しています。この中では、本紙記者らが訪れて時事問題をはじめ新聞の読み解き方、社会人としての新聞活用法などを解説する「新聞ふれあい講座 まなぶん」を開講。さらに本紙を1カ月以上購読してもらい、知識が一層身に付くようフォローアップ指導も繰り広げます。

 申し込みは随時受け付けています。講座は無料。内容、時間は要望に応じます。新聞は購読しやすいよう大量一括購入価格で提供、5部以上で1カ月以上の定期購読が条件です。申し込み、問い合わせは福島民友新聞社販売局「まなぶん事務局」(電話024・523・1462、平日午前10時~午後5時)へ。