妊娠中の歯科治療

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 エックス線への心配不要

 妊娠中に歯が痛くなったり、歯肉が腫れて困ったことはないでしょうか? 治療に対する不安や恐怖心から受診を控えてしまう方もいるようですが、妊娠安定期で中毒症の心配がなければ、通常の歯科治療を行うことは何ら問題ありません。ただし、妊娠の初期は薬などについての注意が必要ですし、出産間際は治療時間が長引くと母体への負担が大きいため、短時間での処置が望まれます。

 よく聞かれるのはレントゲンについてです。一般の歯科治療でのエックス線の放射線量は、通常の生活をしていて1年間に人体が浴びる自然放射線量と比べても微量であり、胎児への影響は無視できるレベルです。従って正しい診断・治療のために必要最小限のエックス線撮影をすることに心配する必要はありません。

 また、歯科治療時の局所麻酔は通常の使用量では胎児に悪影響を及ぼす心配はないので、痛みによるストレスが懸念されるときは、局所麻酔を使用して無痛治療をした方が良いでしょう。

 内服薬については、基本的に妊娠中、特に妊娠初期は胎児の器官が形成される時期であるため、使用しないことが望まれます。ただし、薬を使用しないことで母体に悪影響があると考えられる場合(腫れて痛みがひどいようなとき)には、胎児への影響が少ない薬剤を内服して症状の改善を優先させることも考えます。

 このほか、歯科治療で使用する薬や材料についてはいずれも微量であり、詰め物など長期間口の中に残っているものについても安全で、胎児や母体に問題はないことが分かっています。

 出産後は赤ちゃんの世話などで妊娠中よりも母親が自分自身のことを心配する余裕がなく、自由な時間も取れなくなるといった話をよく聞きます。妊娠中にお口の中の問題を解決し、安心して出産に臨まれてはいかがでしょうか。

(県歯科医師会)