子どもの外傷歯

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 万一のとき早めの受診を

 子どもは予想もつかないけがをしてきます。歯科にも、ぶつけた、転んだという子どもたちがやって来ます。年齢はさまざまで、1歳前から小学生、大人も来院します。

 このような場合、ほとんどは上の前歯が外傷を受けています。来院すると、まずは歯が割れていないか、出血はどうかを診ます。ぶつけた場合は、一時的にぐらつくことが多いのです。エックス線撮影し、歯根にひびや破折がないかを確認します。明らかに破折が認められる場合には抜歯となることもあります。

 歯が欠けていても神経を残せる場合ば、欠けた部分を補填(ほてん)して治します。歯の欠けた部分が大きく、神経を取らなくてはいけない場合もありますが、乳歯の神経を取ったからといって永久歯に影響することはありません。

 後日、歯の根元の歯肉が腫れたり歯の色が変わってきた場合、ぶつけたときの衝撃で自然に神経が死んでしまうこともあります。その場合、神経の治療が必要になります。ぐらついている歯は歯科用接着剤で両側の歯と固定することもあります。

 乳歯が外傷を受けた場合、後続の永久歯に影響がないかと心配する保護者も多くいます。外傷を受けた時の年齢や力の加わった方向にもよりますが、永久歯がすぐそこまで生えてきている場合は、永久歯の色が変わることがあります。

 外傷を防ぐことは難しいですが、万一外傷を受けたときは、見た目には問題がなくとも早めの受診をお勧めします。

(県歯科医師会)