福島県選挙区・5人に「当選証書」 県庁で付与式、決意新たに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
当選証書を受ける福島1区の金子氏=25日、県庁

 県選管は25日、県庁で衆院選の県内5小選挙区の当選者に当選証書を付与した。付与式に出席したのは、福島1区の金子恵美氏(無所属)と4区の菅家一郎氏(自民)。このほか、2区の根本匠氏(自民)3区の玄葉光一郎氏(無所属)5区の吉野正芳氏(自民)は代理人が出席した。

 遠藤俊博委員長が当選者に証書を手渡し「復興への道は厳しく長い。県民の熱い思いを胸に抱きながら国政の場で活躍していただきたい」と述べた。

 金子氏は「復興は道半ば。現状をしっかり国政に伝える。民進党所属の無所属でまっすぐ歩いていきたい」と述べた。菅家氏は「人口減少が厳しい。自民党の国会議員として国会に県民の声を届け、地方を守っていきたい」と強調した。