次期衆院選「民進党として擁立」 増子幹事長、政権奪取へ意欲

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 民進党の増子輝彦幹事長(参院福島選挙区)は27日の記者会見で、次期衆院選に関し「いつあるか分からないが、党として候補を擁立する。政権奪取のため頑張っていきたい」と述べた。同時に、党改革を進め、2019年の統一地方選や参院選の勝利に向けた態勢づくりを急ぐ考えも示した。

 先の衆院選で民進党は公認候補を擁立せず、立憲民主党や希望の党、無所属に分裂した。