18、19歳投票率「40.49%」 全国小選挙区、全体は53.68%

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 総務省は26日、先の衆院選の18、19歳の投票率(小選挙区)が40.49%だったと発表した。全体の投票率53.68%を13.19ポイント下回った。年齢別では、18歳は47.87%、19歳は33.25%だった。

 都道府県別では、18、19歳の投票率が最も高かったのは山形県の47.24%。愛知県46.79%、山梨県46.22%と続いた。最も低かったのは徳島県の31.59%で、兵庫県32.08%、愛媛県32.84%の順だった。

 本県の投票率は39.26%で、18歳は49.97%、19歳は27.96%だった。