「希望の党」共同代表に玉木氏 大串氏に大差、小池路線を踏襲

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 希望の党(代表・小池百合子東京都知事)は10日の両院議員総会で、国会議員を率いる共同代表に玉木雄一郎衆院議員(48)を選出した。安全保障政策などで「小池路線」を踏襲し、若手からベテランまでが幅広く支援。共同代表選で39票を獲得し、14票の大串博志衆院議員(52)を大差で退けた。選出後の記者会見で、挙党態勢の構築に全力を注ぐ考えを示した。玉木氏の任期は、小池氏に準じて2020年9月までとなる。

 10日に行われた共同代表選で、小熊慎司衆院議員(比例東北)は玉木雄一郎氏に投票した。投票理由について小熊氏は「何かを批判する前に、まず自らの責任を問い掛けるという姿勢に共感した」と語った。