民進党・地方議員の立憲民主党入り「容認」 民進・増子幹事長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
今後の県連運営について意見を交わす増子氏(中央)ら

 民進党の増子輝彦幹事長(参院福島選挙区)は25日、同党の地方議員が離党して立憲民主党入りを希望した場合は容認する考えを示した。「残念ながら離党を決めている人は止めても止まらない。それぞれの判断だ。あえて引き留めるような策は取らない」と仙台市内で記者団の質問に答えた。

 これに先立つ党会合では、前日の立憲民主、希望の党の幹事長と相次いで会談したことに触れ「何らかの形で将来的には国会対策や政策、選挙対策を含め、3党一緒に取り組めればいい」と述べた。

 増子氏と意見交換 民進党所属福島県議団

 民進党県連は25日、所属県議団と増子輝彦党幹事長との会議を福島市で開き、今後の県連運営について意見を交わした。

 県議約10人が出席。増子氏は「党の態勢確立のためイノベーションを進め、進むべき方向性や立ち位置、政策理念などについて、できれば年内にしっかりとまとめ上げたい」と述べた。また「民進党の財産は地方組織だ。都道府県で状況が違い難しいが、しっかりとした改革案を打ち出すためにも、よく皆さんの声を聞きたい」と語った。

 一方、県議からは「民進党の名前で次の選挙を戦うのは難しいなど、厳しい声があるのも現実」などの意見が出された。