知りたい金融用語【産学官金連携】金融機関加わり支援

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大学などの教育・研究機関と企業、行政が連携して、事業創出や技術開発などに取り組む「産学官連携」が各地で進んでいます。近年は資金調達も視野に、金融機関も加わる「産学官金連携」も始まっています。

 産学官金の連携に積極的なのが、地方に拠点を置く金融機関です。地方では人口減少や少子高齢化により地域経済が厳しさを増す中、新たな産業の創出が広く求められていることが背景にあります。地域に密着した地方金融機関の経営状況は、地域経済の動向によって左右されるため、新たな産業の創出が収益確保にもつながるためです。

 産学官の連携に金融機関が加わることで資金調達が安定するだけでなく、金融機関の持つ経営ノウハウや金融機関を仲介した企業連携なども可能となり、連携の幅が広がります。

 金融機関による地域企業支援の一つの形として、産学官金連携の取り組みが今後、ますます重要になると考えられています。

(東邦銀行法人営業部)