知りたい金融用語【スマホ決済】明細や履歴参照可能

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今やスマートフォン(スマホ)一つで買い物のほか、電車やバスの乗車ができる時代になりました。これを可能にしたのが「スマホ決済」。スマホを使ってクレジットカードや銀行口座などから決済する仕組みです。

 スマホ決済は携帯電話(フィーチャーフォン)やiPadなどモバイル機器を使って支払う「モバイル決済」の一種です。簡単に支払いができ、利用者は現金やクレジットカードを持ち歩かなくてもよくなります。支払い明細の管理や履歴参照など、支払い以外の機能も付いています。

 事業者にもメリットがあり、高価な専用の決済処理機器を購入する必要がなく、ソフトウエアのダウンロードだけで済むケースもあります。

 今後、スマホ決済はさらに普及、発展していくと予想されており、「キャッシュレス」の時代が来るかもしれません。

 (東邦銀行法人営業部)