【知りたい資産運用(47)】 制度知りNISA活用を

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今回はNISA(少額投資非課税制度)について紹介します。NISAは2014(平成26)年1月に始まり、口座数は1千万口座を超えました。通常約20%課税される上場株式・株式投資信託などの配当金や譲渡益が、NISA口座では非課税になります。

 税制面の恩恵を受ける一方で、制度上の制約があります。NISA口座の投資限度枠は年間120万円、非課税期間は最長5年間、NISA口座で保有した株式などは自由に売却が可能ですが、売却した投資枠は再利用できません。また、NISA口座で譲渡損失が発生した場合、他の譲渡益や配当などと損益通算ができないほか、上場株式などの配当金を非課税にするためには、証券会社での配当金の受け取り方法を「株式数比例配分方式」にする必要があります。(株式投資信託の分配金は選択不要)

 18年1月からは、積立NISA(年間投資上限40万円、非課税期間20年間)がスタートする予定です。この機会にNISAに理解を深め、中長期的な資産形成に役立ててはいかがでしょうか。 

 (とうほう証券)