南相馬出身・門馬氏が平昌同行 スピード選手団トレーナー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 平昌冬季五輪のスピードスケート競技選手団に南相馬市出身の門馬崇文氏(43)がトレーナーとして同行することが23日、分かった。

 門馬氏は福島大卒。東京都内の整形外科で柔道整復師として活躍している。同競技の五輪選手団への帯同は2010年バンクーバー、14年ソチに続き3大会連続。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場