羽生結弦選手に「国民栄誉賞」 政府方針、フィギュア五輪連覇

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 政府は、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)に国民栄誉賞を授与する方針を固めた。菅義偉官房長官が2日の記者会見で、安倍晋三首相が授与検討を指示したと発表した。けがを乗り越えて果たした66年ぶりの偉業が、国民に感動や勇気を与えたと評価した。決まればスケート界で初めて、冬季五輪の金メダリストでも初となる。個人としては最年少での受賞となる見通しだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み