レジェンド登場に感激「オーラ違う」 平昌視察の福島県中学生

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東日本大震災と熊本地震で被災した本県など4県の中高生12人が11日、冬季五輪が開かれている平昌(ピョンチャン)の「ジャパンハウス」を訪問した。ノルディックスキー・ジャンプ男子の「レジェンド」葛西紀明選手(45)らが駆け付けるサプライズに目を丸くし、興奮した表情で握手を求めた。

 ジャパンハウスは2020年東京五輪・パラリンピックのPR拠点。選手団の写真パネルや日本文化のPRブースを見て回った中高生たちは、突然登場した選手を見て一瞬固まり、いすから立ち上がった。

 「昨日も応援してくれてありがとうございます。風邪はひいていませんか」と葛西選手。前夜のノーマルヒルで7位に入賞した小林陵侑選手(21)は「みんなと同じ東北出身。応援よろしくお願いします」と笑顔を見せ、中高生の拍手に包まれた。

 本県から参加の秋山めぐさん(15)=喜久田中3年=は「オーラが違う。対応も丁寧で、やっぱりレジェンド」と感激した様子で話した。

 ジャンプ決勝観戦

 視察団の秋山さん、稲田寛久朗さん(14)=熱海中2年、渡部奈央さん(13)=猪苗代中1年=らは10日、葛西選手らが出場したノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒル決勝などを観戦した。昨年5月からジャンプ競技を始めた渡部さんは、ノルディックスキー男子複合代表の渡部剛弘選手=ガリウム、猪苗代高卒=の妹。「選手一人一人が輝いている。私も五輪選手みたいに上体を起こさず跳びたい」と気持ちを高ぶらせた。アイスホッケーの稲田さんは「アイスホッケーをやってる熊本県の友達もできた」と笑顔で話した。

 3人は13日まで選手村やフィギュアスケートなどを見学する予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず