「選挙日程」決定で事務作業着手 福島県選管、二つの看板設置

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
看板を掲げる遠藤委員長(左)と渡辺事務局長

 県選管は28日、衆院選日程の閣議決定を受け、本格的な事務作業に着手した。遠藤俊博委員長、渡辺仁事務局長が県庁内の事務室前に県選管と、選挙をきれいにする県民運動推進本部の二つの看板を掲げた。

 遠藤委員長は看板の掲示後、職員を前に「非常に短期間での公示となるが、市町村選管と連携し、一つ一つの業務にしっかり当たってほしい」と訓示した。

 福島県が選挙費用補正追加へ

 衆院解散に伴い、県は総選挙の費用として14億7300万円を9月補正予算案に追加計上する。県議会議会運営委員会は28日、29日に本会議を開いて採決することを了承した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区