衆院選・公示前に県内5会場でリハーサル 届け出の手続き確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
立候補届け出の流れを確認する職員=福島市・県庁北庁舎

 10日の衆院選公示を前に県選管は6日、県内5会場で立候補届け出受け付けのリハーサルを行い、手続きを確認した。

 このうち福島1区の届け出会場となる福島市の県庁北庁舎4階では、職員3人が候補者の代理人役となり、当日の手続きの手順を再現。届け出順位を決めるくじ引きや関係書類の受け付け、「選挙の七つ道具」と呼ばれる街頭演説用標旗などの交付といった流れを確認した。

 立候補の届け出は10日午前8時30分~午後5時。福島2区は郡山市の県郡山合同庁舎本庁舎3階、3区は白河市の県白河合同庁舎3階、4区は会津若松市の県会津若松合同庁舎新館2階、5区はいわき市の県いわき合同庁舎本庁舎4階が会場となる。