知りたい金融用語【電子商取引】利便性良く市場拡大

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 インターネットやスマートフォンの普及に伴い、ネットショッピングなど「電子商取引(EC)」の市場が急速に拡大しています。利便性などから今後も拡大が予想されているECですが、その決済にも金融のサービスは欠かせません。

 ECの決済では、商品と引き換えに代金を支払う代引き引き換えサービスなどがありますが、特に海外の店舗や販売サイトなどから商品を購入するような「越境EC」の決済の場合は、デビットカードやクレジットカード、銀行送金などの金融サービスが利用されています。

 企業間の電子商取引では既に決済の電子化が進み、金融と情報通信技術(ICT)を融合した「フィンテック」技術を活用した新たなサービスの開発なども行われています。

 また、海外に営業拠点や提携先などを持つ金融機関では、ECなどを活用した海外販売強化に向けた国内企業の支援などにも取り組んでおり、地方銀行でもこうした動きが活発になってきています。

  (東邦銀行法人営業部)