内堀知事「与野党垣根越え復興を」 衆院選で見解、議員に期待

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内堀雅雄知事は30日の定例記者会見で、22日投開票で行われた衆院選を「本県の復興が新たなステージを迎えた中で行われた重要な選挙」とした上で、国政に対して「本県の最優先課題である震災と原子力災害からの復興、そして地方創生がさらに加速するよう、与野党の垣根を越えて、オールジャパンで取り組まれることを期待している」と述べた。

 さらに、本県から選出された衆院議員に対しては「一人一人が、復興や地方創生に対して強い決意を持っていると思う。その思いを今後、政府や国会の場で実現してもらうことが何よりも大切だと思う」と語った。