知りたい金融用語【教育ローン】用途限定し低い金利

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今回は、大学や高校に通うための教育資金を融資する「教育ローン」を紹介します。一般的に、入学後に受けられる奨学金とは異なり、入学前にまとまった教育資金の提供を受けられるのが特徴で、銀行などさまざまな金融機関が取り扱っています。

 大学進学などを例に挙げると、受験だけを考えても交通費や宿泊費がかかるほか、試験に合格しても入学金や引っ越し費用など、多額の経費が必要となります。

 その際に、教育用途に限定した資金を借りることのできるのが教育ローンで、一般的に使途が自由なローンよりも金利が低く抑えられています。必要な資金を一括で借りたり、必要な枠の中で何度でも借りられるなど商品の選択肢はさまざま。また奨学金との違いとして、本人が借りて返済義務を負う奨学金に対し、教育ローンは保護者が借りることになるため本人の負担が抑えられます。

 奨学金は申請時期が決まっており、学業成績など条件がある場合もあります。急に資金が必要になった際、審査期間も短い教育ローンが便利でしょう。計画的な準備が大事な教育資金。子どもが小さい頃から教育資金を積み立てるなど、皆さんに合った選択をお勧めします。

 (東邦銀行営業統括部)